Loading

BLOG

やせるための運動は食前・食後どっちがいい?

体を動かすには血液が必要

さて、ダイエットのために有酸素運動などの運動を取り入れている人は多いですよね?これを読んでいる人もきっと何かしらの運動を取り入れていると思います(あれ?取り入れてない?今すぐ取り入れましょう!)

みなさん体を動かすに必要なものはなんだと思いますか?(タイトルにあるから「血液なんでしょ?」と思った方多いのでは?笑)そう体を動かすには血液が必要なんですが、しかし血液自体が体を動かしているわけではないんですね。体を動かすのは主に「3大栄養素」なかでも糖質と酸素が主なエネルギーになります。(もちろん脂質やたんぱく質もつかいますよ)その糖質や酸素を運ぶのが血液というわけ、だから血液が必要なんですね。

走ったりすると息が上がりますよね?あれは動かしている筋肉に早く酸素を運ばなければいけないので二酸化炭素を吐き出して酸素を血液に溶け込まし筋肉に運んでいるんです。なかでも大きい下半身の筋肉を使っているときは(走ったり、階段登ったり)使っている筋肉量が多いので息がすぐに上がるんですね(酸素たくさん必要だから)

内臓も筋肉

そして、実は内臓も筋肉なんです。知ってました?「内臓筋」と言います。しかし内臓筋は自分の意思で動かせないので不随意筋といいます。小腸とか大腸とか自分で動かせないですよね?(そもそも小腸とか大腸って動くの?って思った人・・・うごくんですよ〜。蠕動〔ぜんどう〕動作といいます)

さて、内臓が動く時というのは主にいつでしょうか?もう分かりますね。そうです、食べ物が胃腸に入ってきた時です。ということはその時間帯、要は食後は内臓に血液が集まるということなんです。

ちなみに内臓が活発に活動し内臓筋が動いているということはそれだけで体を動かすエネルギーを消費しているということなんです。(体を動かすエネルギー源を食べているのに体はそれを吸収させたりするためにエネルギーを使っているんです、これを「食事誘発性熱産生」といいます。この話はまたいつか)

簡単に言うと食後は内臓器官が活発に活動しているので血液が内臓に集まります、なのでその他の器官には血流が少なくなるということなんです。(食後眠くなったりするのは血流が低くなり脳の活動が落ちるからなんですね)

運動は食前がベター!(better!)

ということで、今回のタイトルの答えは「運動は食前がベター!」です。

食後に激しい運動をすると体を動かしている筋肉にも血液が必要になり内臓はしっかり活動ができず消化不慮を起こしたりします。また、食後というのは体を動かすエネルギーを体に取り込んだ後な訳です。みなさんは体に蓄えてあるエネルギー(体脂肪という名の)をつかって体を動かさねばなりません。なので食後よりも運動するなら食前がベターです。

でも、あんまり空腹時に運動して倒れたりしないでくださいね。(何事も極端はいけません)あと、水分は足りなくならないようにいつもしっかりとってくださいね。

 

1杯のジュースがあなたの体型を変える?

女性の強い味方!日本のスーパーフード!

最新【BLOG】をメールでお知らせ!

【あなたの若さと健康をサポートする最新情報】
もっと健康・フィットネス・ダイエットのスキルを高めたいあなたに!最新お役立ち情報やテクニックが無料であなたのもとへ
新しく公開された記事をいち早くあなたにメールでお届けします。(不定期・無料)

最近の記事

PAGE TOP